« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

マークシート得点票を使った集計作業

昨年より使用していますマークシート得点票ですが、これを使う事によって具体的にどういう集計作業となるのか、紹介したいと思います。なお大会での使用を想定して、50レーンの大会で一組50枚の得点票の処理所要時間を計測しました。併せてご覧下さい。

得点票はA5サイズの一般的な前半3R分を記入するものを用意しました。
_1_2
得点票のスキャンは連続スキャンが出来るこの様なシートフィードスキャナを使用します。メーカーはこのPFU他、EPSON、CANONなどが汎用製品を出しています。
Ix500
現在手持ちのスキャナは古い物(2010年製)で、しかもモバイルの小型機なのでスキャン能力はA4両面カラー6枚/分と通常の現行品の約1/4ですが、一応目安にはなろうかと思います。このスキャナを使って得点票をJPEGファイルにします。
1_2

一連の作業を動画に纏めましたので御覧下さい。なおこの埋め込み画面では現在全画面表示に切り替えられません。全画面表示で御覧になる場合はお手数ですが、画面左上の表題「マークシート得点票の集計」をクリックして、YouTube画面上で全画面表示を選択の上御覧下さい。

得点票がA5なのでサイズ的に丁度A4の倍のスキャン速度となりました。現行品は大体どのメーカーもA4 25枚/分以上なので、A5だと同様に倍の50枚/分以上の能力があると考えます。PCでの読取り処理に要した時間は24秒でした。

この処理時間はPCのスペックで変わりますが、今回使用のノートPCは2012年製で、CPUはintel Core i5 3120M (ベンチマーク3815)、メモリーは8GBです。このPCは現行品より5世代前の代物で能力的には左程高いものではありません。もし現行品のハイスペックモデルだと10秒足らずで済むのではないでしょうか。

以上一連の作業時間を考えると、50レーンの大会で1組50枚を処理する想定では、スキャンに1分程度、PCソフトでの処理は1分以内なので計2分未満。それ以外にはスキャン前の、マークシートの記入チェック時間を3分程度プラスしても、全体で5~6分もあれば1回分の集計作業が出来ると思います。

この方式だと通常の得点票をキーボードで入力する方式と違って、検算とか確認作業が不要なので人員も1名で事足ります。シートフィードスキャナは必要ですが、これは新品だと例えば上記のScanSnap iX500で4万円前後(H30年1月現在)します。ただ大会の集計だけに使うのであれば、年間せいぜい1000枚程度のスキャン数なので中古品で十分です。またスキャナは古い物でもスペック的には現行品と値段ほどの差がありません。

ちなみに私の物は小型低スペックという事もあって、ヤフーオークションで3100円でした。この後継機は23000円(H30年1月現在)で、スペック的には6枚/分が9枚/分にアップしていますが、そこに20000円の価値を見るかというとそうは思えません。通常スペックのA4 20枚/分程度の物でも、中古品だと5~6000円から10000円以内で手に入ります。コスト的には状態の良い中古品を買われた方が良いと思います。

今回使用したソフトは以前に記事で紹介した「普通紙マークシート採点プログラムマーくん」ですが、この購入費は約10000円、それにスキャナが10000円としても20000円と非常に低コストで、この集計システムが構築できます。最近の大会は参加者が多く、地方大会でもレーン数が50を超える大会も開催されているようです。大きな大会を開催されている関係者の方は、集計作業の省力化に一度検討されたら如何でしょう。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ